ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新型コロナワクチン接種証明書について

ページID:0001073 更新日:2022年11月18日更新 印刷ページ表示

新型コロナワクチンの接種証明書(紙)がコンビニで取得できるようになりました

  • 令和4年7月26日から、一部地域のコンビニエンスストアで、紙の接種証明書を取得できるようになりました。
  • 海外用の接種証明書をコンビニ交付で取得する場合は、令和4年7月21日以降に新型コロナワクチン接種証明書アプリ、市町村等で海外用の接種証明書を取得しており、その時と旅券番号が同じであることが必要です。
  • 接種証明書発行料(1通につき120円)が必要です。また、転居などにより複数の市区町村に申請する場合は、それぞれ発行料が必要です。詳細は下記の厚生労働省のページをご覧ください。
  • 接種証明書を発行できる事業者については、下記の厚生労働省のページ内にある「利用できるコンビニエンスストア等店舗」をご覧ください。

※コンビニ交付には「マイナンバーカード」が必要です。

  • ​マイナンバーカードの取得については下記の「マイナンバーカード(個人番号カード)の申請について」をご覧ください。なお、マイナンバーカードに設定した券面事項入力補助用暗証番号(数字4桁)を忘れた場合、または暗証番号を3回誤って入力し、カードがロックされた場合、暗証番号を改めて設定する手続きが必要です。

マイナンバーカード(個人番号カード)の申請について

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(接種証明書)について<外部リンク>

マイナンバーカードで、新型コロナワクチンの接種証明書(電子版)が取得できるようになりました

国では、スマートフォン(マイナンバーカードを読み取ることができるものに限る)上で各市区町村における個別の審査を要することなく新型コロナワクチン接種証明書(電子版)を交付する専用アプリを開発しました(注1)。これにより、スマートフォン上で専用アプリから二次元コード付き接種証明書(電子版)の申請・取得が可能となりました(注2)。

紙による新型コロナワクチン接種証明書については、郵送または窓口にて申請いただけます。

紙の新型コロナワクチン接種証明書の発行をご希望のかたは、日本国内用と海外用の2種類から選択いただけます。(必要書類が異なります。)

新型コロナワクチン接種証明書の利用が可能となる国・地域及びその緩和措置については、外務省のホームページをご覧ください。

(注1)日本国内での利用については、接種済証や接種記録書も従来通りご利用できます。

(注2)スマートフォン上での申請にあたっては、マイナンバーカードが必要です。また、専用アプリの詳しい取得方法等は、デジタル庁ホームページにてご確認ください。

マイナンバーカードで、新型コロナワクチンの接種証明書(電子版)が取得できるようになりましたの画像1

マイナンバーカードで、新型コロナワクチンの接種証明書(電子版)が取得できるようになりましたの画像2

マイナンバーカードの申請

マイナンバーカードの申請については、次のページをご覧ください。

マイナンバーカード(個人番号カード)の申請について

新型コロナワクチン接種証明書(紙)申請に必要な書類

日本国内用

  1. 新型コロナ感染症予防接種証明書交付申請書
  2. 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など、氏名・生年月日が記載されたもの)の写し
  3. 新型コロナワクチン接種券の写し(接種券番号が確認できるもの)(注3)
  4. 宛先(返送先)を記入し、「84円切手」を貼った返信用封筒(定形サイズ)

場合によって必要な書類

5. (本人確認書類に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合) 旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類の写し

6. (申請者と請求者が異なる場合) 委任状(任意様式)及び申請者の本人確認書類の写し

海外用及び日本国内用(旅券をお持ちのかたが申請可能です)

  1. 新型コロナ感染症予防接種証明書交付申請書
  2. 旅券(パスポート)の写し(顔写真のあるページ及び所持人記入欄のページ)
  3. 新型コロナワクチン接種券の写し(接種券番号が確認できるもの)(注3)
  4. 宛先(返送先)を記入し、「84円切手」を貼った返信用封筒(定形サイズ)

場合によって必要な書類

5. (旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合) 旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類の写し

6. (申請者と請求者が異なる場合) 委任状(任意様式)及び申請者の本人確認書類の写し

(注3)3を紛失した場合は、マイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)が必要です。いずれも提示できない場合は、住所の記載された本人確認書類でも可とします。

申請方法

郵送または窓口

 申請書類を郵送またはふれあいセンター1階窓口に提出してください。

(提出先)

〒618-0022

大阪府三島郡島本町桜井三丁目4番1号

島本町ふれあいセンター 1階 新型コロナワクチン接種証明書受付 行

注意事項

  • 証明書は、郵送でお送りします。
  • 接種記録を確認するため、証明書の発行には、2週間ほどの期間が必要となります。
  • 証明書の発行には、手数料はかかりません。(ただし、返送にかかる切手代及び封筒代は負担いただきます)
  • 接種日時点で島本町以外に住民票があった場合、その接種記録は島本町が発行する証明書に記載されません。接種日時点で住民票があった自治体に、改めて申請をお願いします。

新型コロナワクチン接種証明書に関する質問と回答

新型コロナワクチン接種証明書(紙)はどのサイズとなりますか。

A4サイズ1枚となります。

1回目を島本町の住民としてワクチンを接種し、2回目を転出先の住民として接種した場合、新型コロナワクチン接種証明書(紙)はどのようにして発行できますか。

1回目のみ証明された新型コロナワクチン接種証明書を島本町で発行します。2回目の証明のワクチンパスポートは、転出先の自治体で発行してください。1回目と2回目の証明を合わせて1枚となった新型コロナワクチン接種証明書を発行することはできません。

新型コロナワクチン接種証明書発行に必要な費用はあるのでしょうか。

新型コロナワクチン接種証明書発行に手数料はかかりません。ただし、郵送申請に必要な申請書類・切手代、返信郵送に必要な封筒・切手代などは申請者においてご用意していただく必要があります。

その他のお問い合わせ

新型コロナワクチン接種証明書の一般的・制度に関しては厚生労働省新型コロナウイルスワクチンコールセンターへお問い合わせまたは厚生労働省のホームページをご確認ください。

電話:0120-761-770(フリーダイヤル)

受付時間:9時から21時(毎日)

新型コロナワクチン接種証明書(電子版)については、デジタル庁のホームページをご確認ください。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)