ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 税務課 > 特別徴収等に係る給与所得者異動届出書

本文

特別徴収等に係る給与所得者異動届出書

ページID:0002551 更新日:2023年1月5日更新 印刷ページ表示

申請書名

 特別徴収等に係る給与所得者異動届出書

内容

 特別徴収しているかた(従業員など)の退職や転勤などにより、特別徴収ができなくなった場合に提出してください。

申請書のサイズ

 A4判横で印刷してください。

記載要領

  1. 必要事項は、すべて記入してください。
  2. 記載内容に不備や不明点がある場合は、問い合わせさせていただきますので、担当者の氏名・連絡先は記入漏れのないようにしてください。
  3. 提出期限は、給与などの支払を受けなくなった月の翌月10日までです。
  4. 該当する年度の特別徴収指定番号を記入してください。
  5. 給与支払者(特別徴収義務者)の所在地、名称、個人番号又は法人番号を記入してください。
  6. 該当する給与所得者の氏名、生年月日、個人番号、住所などを記入してください。
  7. (ア)特別徴収税額(年税額)、(イ)徴収済税額、(ウ)未徴収税額、異動年月日、異動の事由、異動後の未徴収税額の徴収方法の欄に記入してください。
  8. (イ)徴収済税額の欄には、すでに徴収した月分と税額を記入してください。
  9. (ウ)未徴収税額の欄には、未徴収の月分と税額を記入してください。
  10. 異動年月日の欄には、異動事由の発生日を記入してください。
  11. 異動の事由の欄には、該当する番号を記入してください。
  12. 異動後の未徴収税額の徴収方法の欄には、残税額がある場合、納付方法の番号を記入してください。
  13. 特別徴収継続の場合は、新しい勤務先(特別徴収義務者)の欄に、その所在地、名称、特別徴収指定番号、法人番号、担当者の氏名・電話、徴収の開始月、受給者番号、納入書の要否を記入してください。
  14. 一括徴収の場合は、必要事項を記入するとともに、残税額をまとめて徴収していただき、その残税額を何月分で納入していただけるかを記入してください。
  15. 普通徴収の場合は、該当する番号を記入してください。

提出部数

 1部

  • 受付印を押印した控が必要な場合は、2部提出してください(郵送の場合は、返信用封筒を同封してください)。

申請書

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)