ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市創造部 > 都市整備課 > 守ってますか?自転車のルールとマナー

本文

守ってますか?自転車のルールとマナー

ページID:0002688 更新日:2021年12月16日更新 印刷ページ表示

 自転車は道路交通法上、「車両」の一種です。子どもからお年寄りまで、年齢に関係なく、多くのかたが利用できる便利な乗り物ですが、危険な運転をする自転車への批判も高まっています。ルールとマナーを正しく守り、安全運転に心がけましょう。

 自転車安全利用5則

  1. 自転車は車道が原則、歩道は例外
    「自転車歩道通行可」の標識があるところや、13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者が自転車を利用するときなどは歩道を通行できますが、歩行者が優先となります。
  2. 車道は左側を通行
    自転車が車道を通行するときは、自動車と同じ「左側通行」です。歩行者の通行を妨げないよう、道路の中央から左側部分の左端に寄って走行しましょう。
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
    自転車が歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を徐行しなければなりません。また、歩行者の通行を妨げる場合は、一時停止をしなければなりません。
  4. 安全ルールを守る
    飲酒運転、二人乗り、並進の禁止、夜間はライトを点灯するなどのルールを守り、自転車を利用しましょう。
  5. 子どもはヘルメットを着用
    成長過程の子どもは、体の重心位置も不安定で転倒したときに、頭部に重大なダメージを受けることがあります。自転車を運転する児童の保護者は、児童にヘルメットを着用させるよう努めなければなりません。