ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

山崎ポンプ場

ページID:0001975 更新日:2021年12月16日更新 印刷ページ表示

 昭和63年、水無瀬川左岸地区と大山崎町の一部地区の雨水対策のために建設した施設です。また、平成9年には、水無瀬川左岸地区の汚水を右岸地区へ排出するための汚水中継ポンプ設備を設置しています。

外観

山崎ポンプ場外観 

施設の概要

  • 住所
     郵便番号618-0001 島本町山崎二丁目2番16号
  • 建物
     
    ポンプ棟(RC地下2階・地上1階)
     電気棟(鉄骨平屋建)
  • 雨水施設
     
    雨水ポンプ(2基・立軸斜流ポンプ)
     沈砂池(4池)
     流入ゲート(2門・電動式)
     流出ゲート(2門・手動式)
     細目機械スクリーン(2基)
     し渣搬出機(1台)
     重油タンク(地下埋設横置型)
  • 汚水施設
     
    汚水ポンプ(2基・立軸渦巻斜流ポンプ)
     沈砂池(2池)
     流入ゲート(2門・電動式)
     流出ゲート(2門・手動式)
     細目機械スクリーン(2基)
     押潰機(1台)
     し渣・沈砂洗浄装置(1台)
     し渣脱水機(1台)
     活性炭吸着塔(1塔)
  • 共用施設
     
    非常用自家発電装置(ディーゼルエンジン)
     天井走行クレーン

ポンプ能力

  • 雨水=1分間あたり432立方メートル
  • 汚水=1分間あたり11.8立方メートル