ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市創造部 > 環境課 > PCB廃棄物の処分はお早目に

本文

PCB廃棄物の処分はお早目に

ページID:0001466 更新日:2021年12月16日更新 印刷ページ表示

ポリ塩化ビフェニル(PCB)を含む廃棄物の処理期限が近づいています。
PCBを含む電気製品がないか、店舗や事務所の電気室やキュービクル、倉庫などをご確認ください。

PCBとは

 PCBは、電気機器の絶縁油などに広く使われてきましたが、有害であることが判明したため、昭和47年以降は製造や新たな使用が禁止されています。

 PCBは自然環境中では分解されにくいため、化学処理や高温焼却処理によって適切に分解する必要があります。

 PCB廃棄物を保管する者は届出を行い、適切に保管・処分を行わなければなりません。また、処分期限が定められており、高濃度PCBは令和3年3月末まで、低濃度PCBは令和9年3月末までに処理しなければなりません。違反した場合には、最大で3年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはその両方が科せられる場合があります。

 届出の方法など、詳しくは次の大阪府のホームページをご覧ください。
 ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物保管者及びPCB使用製品所有者の皆様へ/大阪府<外部リンク>