ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 税務課 > 町民税・府民税の公的年金からの特別徴収制度の見直し

本文

町民税・府民税の公的年金からの特別徴収制度の見直し

ページID:0002556 更新日:2021年12月16日更新 印刷ページ表示

税制改正により、町民税・府民税の公的年金からの特別徴収制度(年金引去り)の見直しが行われ、平成28年10月以降の特別徴収より、下記のとおり制度が改正されます。

特別徴収税額の算定方法の見直し

 公的年金から徴収する町民税・府民税の年間の徴収税額の平準化を図るため、算定方法が次のとおり見直しされます。

特別徴収の中止要件の見直し

これまで特別徴収を中止することとしていた次の場合においても、公的年金からの特別徴収を継続します。

  • 市町村が年金保険者(日本年金機構等)に対して特別徴収税額を通知した後に税額が変更された場合

  • 賦課期日後に市町村の区域外に転出した場合

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)