ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市創造部 > 環境課 > みんなで使おうマイバッグ! 北摂地域におけるマイバッグ持参率

本文

みんなで使おうマイバッグ! 北摂地域におけるマイバッグ持参率

ページID:0001481 更新日:2021年12月16日更新 印刷ページ表示

 みなさんはマイバッグを使っていますか?

 マイバッグ運動とは、自分の買い物袋(マイバッグ)を持って買い物に行くことで、レジ袋を断る運動です。みんなが取組むことで、使われるレジ袋が減り、ごみも少なくなります。ごみが減ることで、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出を減らすことができます。

みづまろくんもマイバッグを使っています!

 このレジ袋削減の取り組みを進めるために、北摂7市3町と食品スーパー9社は、日常の生活や事業活動における環境負荷の軽減に向け、ごみの発生抑制および温室効果ガス(二酸化炭素など)の排出削減を図る契機とするため、レジ袋の無料配布中止などを趣旨とする「北摂地域におけるマイバッグ等の持参促進及びレジ袋削減に関する協定」を締結しています。

 この協定に基づき、協定締結事業者は、平成30年6月から北摂地域でのレジ袋の無料配布を中止しています。

 なお、協定についてくわしくは次のページをご覧ください。

レジ袋無料配布中止の取組の推進について

マイバッグ持参率について

マイバッグ持参率(平成31年度) マイバッグ持参率(令和元年度)

 協定締結事業者の北摂7市3町の店舗におけるマイバッグ持参率を公表します。

 島本町のマイバッグ持参率は、平成30年6月にレジ袋無料配布を中止するまでは北摂7市3町の平均を下回っていましたが、レジ袋無料配布中止を機に大きく上昇し、北摂7市3町の平均を上回っています。

 みなさんがマイバッグを使い、ごみとして燃やされるレジ袋を減らすことで、消費される石油の量や、排出される温室効果ガスを減らし、環境負荷を減らすことができます。

 地球環境や限りある資源を大切にするため、これからもお買い物にはマイバッグを持参しましょう。