ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 政策企画課(広報広聴担当) > 島本町公募型公益活動支援事業補助金制度

本文

島本町公募型公益活動支援事業補助金制度

ページID:0011820 更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

島本町公募型公益活動支援事業補助金制度の概要

「島本町公募型公益活動支援事業補助金」は、住民参加のまちづくりを推進することを目的とする。様々な地域課題に対して、住民等が自主的及び自発的に行う公益活動に対し、町が補助金を交付する制度です。

島本町公募型公益活動支援事業補助金交付要綱 (PDF:425KB)

補助対象団体

次のいずれにも該当する団体

  • 行政機関が補助対象団体の事務局として関与していないこと
  • 島本町内に事務所を有する、または、島本町内で活動を行っていること
  • 構成員の数が5人以上の団体であること
  • 島本町暴力団排除条例第2条で規定する暴力団、暴力団員、暴力団密接関係者に該当しないこと
  • 政治活動、宗教活動または営利活動を目的としない団体であること
  • 町から補助、助成、委託、サービス提供などによる収入を得ていない団体であること
  • 法人格を有しない団体であること(特定非営利活動法人を除く)

補助対象事業

町が特定の行政ニーズに応じて設定したテーマに関して補助対象団体が実施する次のいずれにも該当する事業

  • 住民福祉の向上につながる公益性が認められること
  • 事業の対象が主に島本町の住民であること
  • 政治活動・宗教活動・営利を目的としない事業であること

補助対象経費

補助対象事業に要する経費

ただし、人件費、交際費、食糧費など補助対象事業に直接関係しない経費を除く

補助金額

次のうちいずれか少ない額

  • 補助対象経費の合計額に補助率を乗じて得た額
  • 補助対象経費の合計額から、事業に伴う収入の額を減じた額
  • 上限額

(注意)毎回(毎年)審査対象としますので、1回補助を受けてもその後の補助が約束されるものではありません

補助率と上限額
回数 補助率 上限額
1回目 5分の4 20万円
2回目 5分の3 10万円
3回目 2分の1 5万円

審査方法

書類審査とプレゼンテーションにより、評価基準に基づき採点

ただし、交付申請額が5万円以下である事業については、原則書類審査のみ

評価基準

次の項目を中心として審査します

  • 公益性
    会員相互の親睦・交流や趣味にとどまらず、より多くの人たちが参加でき、まちの活性化につながる取組であるかを確認する項目です
  • 実現可能性
    事業を計画どおりに実施することができるか、事業を実施することで目的を達成することができるかを確認する項目です
  • 自立発展性
    この補助金は、事業を軌道に乗せていく段階の一時的な支援制度です。補助が終了してからも、自立して事業を継続し、発展させていくために、自立・発展に向けての工夫や計画があるかを確認する項目です
  • 地域貢献性
    事業を実施することで、まちの活性化につながるかを確認する項目です
  • プレゼンテーション
    事業のプレゼンテーションを10分間行っていただくことで、事業内容を理解し、的確に説明しているかなどを確認する項目です
  • 先駆性
    いままでに町内に見られなかった事業であるかを確認する項目です

募集要項

令和4年度 公募型公益活動支援事業補助金の募集について(募集終了)

審査・採択結果

令和3年度島本町公募型公益活動支援事業補助金 審査・採択結果

令和2年度島本町公募型公益活動支援事業補助金 審査・採択結果

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)